建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
甲表[鑿]
よみ:こうおもて
50音別:
種類別:大工
背中ともいい、刃裏の反対側の地金の部分をいう。叩き鑿でも八分(約2.4cm)鑿以上のものや大入鑿では、表幅の両端を斜めに鎬(しのぎ)に面を取って、小端を薄くしてあり、木材に打ち込んだとき刃先が、よくくい込んで仕上る。叩き鑿は穴を掘るとき甲表が梃子(てこ)の役目となる。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※