建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
挽割り鋸
よみ:ひきわりのこぎり
50音別:
種類別:大工
比較的大きな材木の木取りや、組手などを挽くのに使われる鋸である。刃渡りの寸法は、尺3寸〜尺6寸(約39.4〜48.5cm)が普通で、「ぶつぎり」とも呼ばれる。大きな鋸を使う場合は腕力だけでなく、体全体を動かして挽くことが、疲労が少なく、能率が上がる重要なポイントである。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※