建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
軒桁高
よみ:のきげた
50音別:
種類別:大工
軸組側回りの最上部にあり、柱の頂点をほぞで連結した横架材。別名地回りとも呼ぶ。軒桁は、軸組頂点を固めるとともに、小屋梁を受け、屋根の荷重を支え柱に伝える役割をもつ。そのため、断面寸法は、荷重の状態およびスパンなど勘案して適切なものを使う。継手は梁を受ける柱間を避け、柱より持出し、追掛け大栓継ぎ、腰掛け鎌継ぎ、腰掛け蟻継ぎなど、上木、下木の材の大きさによって適切な継手が用いられる。
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※