建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
弦架鋸
よみ:つるかけのこぎり
50音別:
種類別:大工
弓鋸、釣掛け鋸とも呼ばれる特殊な形をした鉋である。幅の狭い薄手の鋸身で弓型の鉄か鋼製の金物で弦状である。細い鋸身を緊張させるための弦の弾力を利用したものと、一端にネジを設け、鋸身を緊張させて使う。小細工用、竹切り用とそれぞれ用途により多少の形や大きさの違いがある。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※