建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
太子講
よみ:たいしこう
50音別:
種類別:大工
日本の木造建築の中興の祖といわれる聖徳太子を祭る組織である。太子は咫尺(あたじゃく)を現在の30.3cmの1尺にしたと伝えられている。この講の日に建築職人の賃金が決められた。江戸末期までの職人の休日は浣日(かんび。番匠大工の休日)といい、10日、20日、月末の三回であった。
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※