建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
底決り鉋(底取り鉋)
よみ:そこじゃくりかんな(そことりかんな)
50音別:
種類別:大工
鴨居、敷居などの溝の底を仕上げるのに使う鉋。刃幅は5〜7分(約1.5〜2.1cm)のものが多く、荒決りしたあと脇取り鉋で墨どおりにさらった後に、この底取りを入れ、溝の底の木端が残らないように仕上げる。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※