建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
真束
よみ:しんづか
50音別:
種類別:大工
洋小屋組の真中に立てる束。合掌と棟木を取り付け、小屋組の荷重を陸梁ひ移す役割をもつ材である。真束の頂部の仕口は、棟木を受ける輪薙ほぞ、合掌との仕口は、襟輪ほぞ差しとし、陸梁との仕口は、短ほぞ差しで箱金物ボルト締め。
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※