建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
自由定規付き面取り鉋
よみ:じゆうじょうぎつきめんとりかんな
50音別:
種類別:大工
小型の平鉋の台の前後をほぞか蟻形に切り込み、定規の側面からはめ込んで使う鉋のこと。定規の中央部の間隔の大小に応じて必要な幅の切面を正確、かつ迅速に削り取ることができる。また一定の幅の内丸鉋の両縁に、ネジ止めで移動調節できる定規を取り付けることで、必要に応じ、丸面(坊主面)、銀杏面、片銀杏面など、一丁の面取り鉋で削ることができる。
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※