建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
押え挽き鋸り
よみ:おさえのこぎり
50音別:
種類別:大工
以前の大工は、鉋台(かんなだい)を自分で掘って作っていたが、その時鉋台の押さえ溝の両側を挽くのに使った。今はほとんど自分で鉋台を作ることもなくなり、この鉋も姿を消してしまった。小型の横挽き鋸の一種で、歯形は横挽き鋸を細かくしたもの。挽き面は挽き肌のまま使うので、歯振(あさり)は少ない。刃渡り5〜6寸(約15.2〜18.2cm)が普通である。
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※