建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
遺方出し
よみ:やりかただし
50音別:
種類別:大工
建築物の位置、高低などの基準を示すために施工する仮設物。柱芯、壁芯、水平位置の確認を示すため、建物の隅および要所に遺方杭(水杭)を打ち込み、これに水貫という水平材を打ち付け、基礎工事の定木とする。この場合、基礎のフーチングや根切り幅にふれないように、通常建物の外側より50〜60cmはなして遺方杭を打ち、水貫は土台上端より高い位置に打ち付けられる。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※