建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
回し挽き鋸
よみ:まわしびきのこぎり
50音別:
種類別:大工
挽き回し鋸とも呼ばれ、おもに小細工用として曲線状の挽き抜き、透き彫り、彫刻の輪郭の挽き抜きなどに使われる。現在ではジグソーでこの種の作業は迅速にできるようになったが、狭い所や手加減がいるところには回し挽き鋸が必要となる。鋸身は比較的厚く幅が狭い。先端(末)にいくにしたがって幅と厚さが減り、しだいに細身になり先端が尖っていく。刃渡り6寸〜1尺(約18.2〜30.3cm)が普通のものである。
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※