建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
朝顔
よみ:あさがお
50音別:
種類別:大工
工事中の落下を防ぐために、出入り口の上などにはね出して設ける養生設備のこと。朝顔は、足場の高さが10m以上では1段以上、20m以上では2段以上で、突き出す長さは骨組(足場)から水平距離で2m以上、下部の斜材角度は20度以上とされている。又、敷板は、1.5cm以上のひき材を隙間なく張るあるいは、1.2mm程度の波型鉄板を用いる。
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※