建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
アースアンカー工法
よみ:あーすあんかーこうほう
50音別:
種類別:大工
自立工法において、矢板や親杭が土圧で安定を欠く恐れがある時、地盤にドリルなどで孔をあけて鋼棒を挿入し、その先端をセメントで固定した後、表面から鋼棒を引っ張ってアンカーとし、矢板や親杭の崩壊を防ぐ工法のこと。別名タイバック工法。
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※