建築 建築模型 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築デザイン
北海道庁旧本庁庁舎


   北海道庁旧本庁舎は「赤れんが庁舎」の愛称で親しまれている。設計は平井晴二郎を主任とし、アメリカ風ネオ・バロック様式のれんが造りである。1888(明治21)年から新庁舎完成までの80年間、北海道の拠点であった。1909(明治42)年の火災で内部を焼失したものの、赤れんがの壁はさしたる損傷もなく、1911(明治44)年には復旧工事が完了した。その後、北海道100年を記念誌して1968(昭和43)年には、創建当時の姿に復元し、永久保存することになった。優れた明治時代の洋風建築ということで、翌年には重要文化財の指定を受けた。

※アメリカ風ネオ・バロック様式…フランスの地方邸宅などに見られるもので、19世紀に流行したリヴァイヴァル様式の一つであるネオバロック様式をアメリカ風にアレンジしたもの。
北海道 札幌の建築
建築 サイト内検索
日本の建築 世界の建築
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ



このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※