建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
通し柱
よみ:とおしばしら
50音別:
種類別:大工
木造2階建ての場合、土台から軒桁まで継がずに通った1本ものの柱である。建て方のとき定規のような役割があるのと同時に、胴差しなど横架材の取り付け仕口に刻み込まれるため、断面寸法は、管柱より大きめの柱が使われる。通しは柱は、管柱に比べて耐力的に優れた機能が必要とされ、隅柱や間仕切り壁の取り合い部などに用いられる。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※